2006年12月15日

昨晩、美味かったモノ

冬です。

煮物が美味しい季節です。


昨晩、残業でお疲れ気味の相方さんに
「何が食べたい?」
とメールでリクエストを募ったところ、

「煮魚」

とのお答えだったので、煮魚を作ることにしました。
(相方さんは最近、和食がお好みなんです)

早く帰って作る気満々だったのですが、2日連続で残業(汗
自宅近所の駅前スーパーの営業時間には間に合わない時間に
なってしまったので、仕方なく赤坂のスーパーで買出し
してから帰ることにしました。


さーて。煮魚といえば思い出すのは?

ネットで検索してもほぼ同等の答え。











秋刀魚
金目鯛

(さて、魚へんがいっぱい並びました。みなさん、読めますよね?)

大抵青魚か白身の魚が多いですね。
当初は無難にぶり大根とか、さけのみぞれ煮とか、さばの味噌煮とかかな、
と思っていたんですが、赤坂のスーパーで、

たいのあらが380円の半額!

赤坂で、380円の半額ですよwww
これは買いでしょう。

余計なモノには手を出すまい、と思ったのに手が伸びてしまった
牛筋689円を帳消しにするヨロコビ。
(どう考えても差額が合いませんけど(汗))

ということで、半日悩んだ結果、たいのあら煮に決定w


帰宅して、空腹の相方さんに、餅焼いてホットココアをいれて、
大人しく待って頂いている間に調理開始です。

ネットでちょっと調べたレシピで、甘辛醤油風味に青ネギとニンニクと
しょうがを効かせたものがあったので、それにすることに。

ネギ:風邪予防
ニンニク、酢:疲労回復
しょうが:身体を温める


遠くて寒い北関東が職場で、しかも残業でお疲れ気味の相方さんには
ぴったりぢゃないですか(自画自賛)

これがね〜、簡単だけど、うまうまだったんですよw
いや〜、安上がりでこんなに美味しいあら煮になるとは。

ということで。
美味かったのでレシピ紹介ですw

鯛のあら煮

<材料>
鯛のあら煮 1パック(適量)←白身魚のあらでも切り身でも
葱の青い葉 1本分
ニンニク  国産なら1片程度 お好みで増減加
しょうが  ニンニクと同量

煮汁
水   50cc
醤油  50cc
みりん 大さじ1
調理酒 大さじ1
酢   大さじ1
砂糖  お好みで小匙1〜2程度

<作り方>
1.鯛のあらはうろこを取り、血等をキレイに洗っておく。
 魚の臭みはニンニク、しょうが、葱の葉で消えるので、気にしなくてOK。

2.鍋か深めのフライパンに煮汁の材料と、刻んだニンニク、しょうが、
 葱の葉を入れて煮立たせ、鯛のあらを入れる。

3.アルミホイル等で落し蓋をして、10〜15分程度煮る。


味はしっかり、ニンニクとしょうがの風味が美味い!
ご飯にも合いますが、お酒とも合いそうです。



今夜は、余計な買い物だった牛筋でも煮込んでみようかと思っています。
大根と和風に煮込むか、赤ワインとドミグラスソースでビーフシチュー風
にするか。。。(悩)

#って仕事しろってば ^^;
ラベル:あら煮
posted by にゃお at 09:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | COOKING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそうですね〜

某Bさんがウラヤマシイ(/▽\)
Posted by ぷれ at 2006年12月15日 19:46
☆ぷれさん、まいどです。

美味しかったんですぅw
へっへっへ、もう食べちゃったもんね〜。

最近、ふともしかして練子ニセコツアーと練子蔵王ツアーって、
くっくどぅ活動のためにあったのかしら、と思ってしまったりして。

スミマセン、部長が不参加で。。。(涙)
Posted by にゃお at 2006年12月18日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。